日本庭園協会島根支部の講習会に参加しました

8/25-8/26の三日間島根県の安来市というところでお庭づくりの講習会があり、

参加してきました。安来市といえば有名な足立美術館の庭園がありますが、そこではありません。

旧奥野邸といところですが、国の有形文化財に登録されているところです。

安諸定男親方による編笠門と桂垣の講習でした。

どちらも大変手間のかかる仕事で、なかなか実際に施工できるチャンスはありませんので、

願ってもない機会でした。

初日朝3時に家をでて友人二人と車で行きました。到着は9時でした。

講習会と言ってもそれは戦場のような様相です。

こんなことをしますとか、人員の割り振りとかもなく、自ら仕事をさがしつつ

気になる仕事のやり方をチラ見するという、完全に修行時代の現場のようでした。

完成はこんな感じです。

 

桂垣です。竹穂を選別して一本一本貼っていきます。

 

編笠門です。クリの自然の木を柱や棟木や垂木にして、大工並に木組みをしてあります。

屋根の曲線などすごい技術が詰まっています。門の仕事には入れなかったので、チラ見と写真でふむふむといった

感じで、まだ取得出来てませんが色々中身がみれて良かったです。

安諸親方のすごいのはただの講習会と違って、門と垣だけでなく、きちんと庭の空間を造っていきます。

だから園路もつくりますし、三和土や飛び石、塀の屋根葺きまでやってしまいます。

時間が足りなくても、貪欲にディテールなどにもこだわっていきます。

 

安諸親方は現場を見回っては、面白い冗談を交えながら、仕事を教えて下さいました。

本当に温かい大きな親方でした。お元気な内にいろんなことを教えてもらうことが出来て

充実した三日間でした。参加している人たちも猛者ばかりで、若くともめちゃくちゃ技術を

持っていて、自分ももっとやらなければ!と刺激になりました。

庭園協会島根支部の皆さんには感謝でいっぱいです。

 

 

 

 

2016~回顧Ⅲ

1月も中旬になりました。

今年は街路樹サミットin大阪の開催というスタートとなりましたけど、おかげさまで

たくさんの人たちにきてもらえました。またブログにアップしたいと思います。

まだまだ2016年。

3月13日に茶道の師匠と旦那様で木竹工芸士の鳳嶽先生に同行して慈光院へ

行きました。鳳嶽先生が扁額をつくられたお客様が奈良へ来られるということでした。

慈光院で長老に案内をしていただき、お蕎麦を頂いてきました。

そして近くにある椿寿庵を覗いてきました。1000種の椿が圧巻でした。

まさかこの日が鳳嶽先生と最後になるとは夢にも思いませんでした。4/5に

お亡くなりになられます。

そして3/27.28と千葉から高田造園の高田さんが来られました。

吉野での桜の再生のスタートの日になります。

27日の夜に50名ほどの講演会を開催し、町長を始め今回の一連の事業を

作ってくれた中井議員、吉野山保勝会の理事長と参加者とともに懇親会。

三重県や兵庫県からも来てくださいました。

28日には吉野山へ出向き竹林院群芳園へ今までとは違う考えの元桜を

植樹しました。

歴史に残る一日になるかもしれません。

4月9日

あるご縁から奈良県の映画監督河瀨直美さんのイベントに参加することになりました。

監督の出世作の『萌の朱雀』のロケ地でもある西吉野平雄地区で行われました。

西吉野出身で萌の朱雀でデビューの尾野真千子さんも一緒でした。

記念植樹で桜と紅葉を植えました。

尾野真千子さん顔小さかったです。

元気に育ってほしいです。

Ⅳにつづく…

 

 

2016年 回顧~Ⅱ~

新年明けましておめでとうございます。

風人園の大西です。今年もどうぞよろしくお願いします。

今年は昨年ほど波の荒さは必要ありませんけど、色々と興奮することを

出来たら嬉しいなと思います。

地元の村おこしにも積極的に参加したいと思います。

昨年を振り返って記録に残しておきたいと思います。

 

 

1月の終わりには姫路の腐れ縁瀬戸造園に遠征。

姫路の大塩という場所にある有形登録文化財に指定されている梶原邸の

お手入れのお手伝いに伺いました。素晴らしいお茶室とお庭がありました。

手入れの後の木漏れびが綺麗でした。一人だと一ヶ月以上かかるらしい。

風人園の若いスタッフにこんな庭で仕事をする機会を与えてもらい感謝です。

dsc00561

 

dsc00552

dsc00588

img_0884

 

2月には千葉に尊敬する㈱高田造園設計事務所の高田宏臣さんに会いに行きました。

千葉まで出向いたきっかけは高田さんがお正月に吉野に来られたときのブログ

あります。高田さんとの出会いは滋賀県の徳昌寺で行われた矢野智則さんの大地の再生講座

でした。高田さんは10年ほど前から吉野の大峰山への修行体験などの参加されており、

久しぶりに訪れた吉野で吉野桜のあまりの衰弱と間違った桜の植樹をしていることに憂いを感じ私にメッセージを

頂きました。私も吉野の桜のために何かできることがないかと感じていたので、高田さんからメッセージを頂いたときに

なんと心強い助っ人が現れたものだと、すぐに吉野で頼りになる先輩中井章太さんに話をして一緒に

千葉に行くこととなりました。最新の高田さんの現場や、通気改善の作業を行った学校の山などを案内して

いただき、高田さんの山小屋で一杯やりながら吉野のこと自然のことを話しました。中井さんがいたおかげで、

すぐに吉野での桜の再生の第一歩をその日に決めることが出来ました。この日はおそらく私の庭師としての

人生の進み方が変わった日でもあると私は思っています。

img_0937

 

3月に吉野町商工会青年部のかわいい後輩が前全国商工会青年部連合会会長であった宮本博史氏と熊本に吉野の桜を持って行く

約束をしたので一緒にきてくれと言われたので、どこに行くかも知らずついていきました。熊本までハイエースに3メートルの桜を

積んでの旅です。もうギリギリでした。よくも積めたものです^^;

当日にどこに行くかを聞くとなんと3,4年前から行きたかった阿蘇神社の参道の一ノ宮商店街でした。

ここは先程登場の千葉の高田さんの著書『これからの雑木の庭』に紹介されていた場所で、樹々の力でシャッター商店街が

年間30万人来る商店街になったという私にしたら奇跡のようなところでした。まさか偶然にしてもここに来れるとは…

吉野で自分なりに町が元気になることを目指してきたので、そんな話を当事者直に聞くことも出来ました。

今回桜を植えたところは前会長のお店『はなびし』です。

img_1011

img_1018

この一本がまたこの商店街の樹々と一体となって気持の良い空間をつくってくれると思うと嬉しく思いました。

宮本さんに商店街を歩きながら今の姿になる前からの活動の話を聞きながら案内をしていただきした。

img_1012

まだ葉っぱが無い時期でしたから寂しい感じの写真ですが、この商店街に足を踏み入れた

瞬間に空気の違いを感じる事が出来ました。明らかに気持ちが良い。

雰囲気でないこの気持の良さが人を呼び込んでいるのだと思いました。

 

img_1030

湧水があちらこちらにあるのもここの強みだったのでしょう。

でもそれを演出したのは宮本さんの父やその仲間の方々や宮本さんたち

世代を超えて作ってきたのです。たかが木にこれだけの力があることを

多くの人に知って頂きたいです。この7日に行われる『街路樹サミット

もこういった樹々の力を再認識をしてほしいという願いがこもっています。

img_1035

熊本地震で壊れてしまった阿蘇神社にも案内していただきました。

わざわざ宮司さんからも説明していただきました。

まさか数カ月後にあのような惨事になるとは思いもよりませんでしたが…

早く復旧することをお祈りしたいと思います。

必ずまた訪れたいと思います。

昨年の第一四半期は青年部活動や興味があって参加したセミナーなどから

大きな経験とつながりをいただくこと出来ました。なんとも鼻息の荒くなることばかり

でした。 Ⅲにつづく…かな?多分つづく

 

 

 

 

 

ニワプラス珍道中in吉野だよ

20161116_2166073

 

お正月の投稿から更新をためたままもう年末です。

今年はいろんな事があったのでまとめを書こうと思っておりましたが、その前に…

11/26,27の二日間ニワプラス珍道中の開催のお知らせです。

今回の場所が風人園の本拠地吉野です。

僕が大好きな場所と街で過ごす仲間が興味のあるところをミックスしました。

あんまりこんな旅程のツアーはないんじゃないでしょうか?

ゆるくもあり、それでいてとてもコアで最先端だったりもします。

ちょっと打ち明けますけど二日目の朝ごはんは僕が”おかいさん”をごちそうしたいと

思っております。楽しみにしておいてください。

締め切り近しです。

申し込み待ってます~

↓ ↓ ↓

ニワプラス珍道中申し込みはこちら

お茶道具が楽しい

このお盆はホントに何にもしなかったんだけど、

お茶道具を漁って色々と買いました。

とは言ってもオークションや古道具のサイトなどの購入ばかりですけど…

買ったものと頂いたものでお茶碗が2点、お茶杓2点、菓子器1点、唐金の風炉、灰、

杓、お盆などなどです。あとまともな水指を手に入れれば一応風炉の手前は出来るかしらん。

その中でも今回は僕の茶道の先生の旦那様の川崎鳳嶽先生の茶杓2点と菓子器を

手に入れることが出来てとても嬉しい。

DSC_0654

鳳嶽先生の作品はとても精密な作品だったり、

野趣にとんだ作品であったりと、ため息が出るような作品です。

工藝と木工の差みたいなものを感じてしまいます。

別に木工を馬鹿にしてるわけではないのであしからず。

身近でこんな素晴らしい工藝作家に出会えたことはとても嬉しいことです。

特に奮発した茶杓は何代か前の法隆寺に管長さんに俳句を書いてもらってます。

”柿喰えば鐘が鳴るなり法隆寺”

黒柿の茶杓にこの俳句って粋じゃないですか?

大事にしたいと思います。

また、吉野山の白雲荘でのお茶会が楽しみです。

 

木津川のお蕎麦屋さんでのお仕事

東吉野村の木津川という集落に1件のおそば屋さんが出来ました。

古い屋敷を買われ大阪から越されて来た方で、11月にオープンされました。

名前はよしの庵と言います。私もまだ頂いておりませんが、なかなか美味しそうです。

こちらのご主人がホームページをご覧になってご連絡頂き、モミジなどを

植えて欲しいということでオープン前に一緒に木を選んであったのですが、先週ようやく

植えさせて頂きました。ずいぶんとおまたせしてスミマセンでした。

DSC_0107 (1)

夏の日除けのためのモミジを。飛鳥農園の畑ものの売れ残りだったので、とてもリーズナブルでした。

DSC_0106

 

石を一旦どけて。植栽ということでしたが、プチリフォームって感じになりました。

傾いていた石をきちっと据えて、裏で転がっていた石を追加するだけでずいぶん雰囲気は変わるものです。

DSC_0108

 

道からも目立つように枝垂れ桜を。

これから大きくなってシンボルになってくれることでしょう。

そして今日は、駐車場のソメイヨシノがテングス病にかかりその除去をしました。

約13mと9mほどの高さの木なので、久しぶりツリーワークとしゃれこみました。

伐採ではないのでハーネスはシンプルに。

DSC_0102

 

ツリーマジックにユニセンダーで出動です。(意味わからんでしょうね^^;)

朝一は久しぶりなんでビビりました。

DSC_0099

 

テングス病の枝は先の方にもあるので、1mの長柄バサミを駆使しながらの作業でした。

もともと、ツリークライミングはこういった枝先にアプローチするための技術だと思うので、今回の

作業なんかは一番フィットするんでしょうね。

DSC_0100

 

もっと練習してどこでも行けるようにならねば…です。

とにかく

DSC_0109

 

綺麗になりました。

みなさん超穴場の蕎麦屋さんなのでどうぞ。

営業は土日祝日オンリーなので要注意ですぞ!

 

2014年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中お世話になりました皆様、本年もよろしくお願いします。

三ヶ日が終わりましたが、私の方と言いますと、

1日は地元の氏神様のお宮守で社務所に泊まりこみから

帰った後家族での年始をして、本日オープンの中井春風堂へ伺うため吉野山へ。

DSC_0018

 

見事なお店に生まれ変わりました。葛餅と葛きりをいただいてきました。

今日は姉と行ったのですが、作りたての葛きりや葛餅は初めてで、感動しておりました。

その後蔵王堂を詣でて来ました。

今年のお正月は着物デビュ―すると言っておりましたが、ネットやYoutubeを見ながら

の着物デビューをさせていただきました。よく知っておられる方からすれば、痛いところも

あるや知りませんが、そこはこそっと教えて頂けたらありがたいです。

元旦着物で中井春風堂で葛食べて、蔵王堂を詣でるという目標が達成出来ました。

DSC_0020

 

さらっと着こなせるようになりたいものです。

2日はゆ~っくり眠った後、なんばのラウンドワンへ子供を連れて行きました。

人がいっぱいでしんどかった~。

今日は1日おうちでゴロゴロといった三ヶ日でございました。

現場仕事は7日からスタートします。

秋のお茶会

11月9日(土)吉野山白雲荘にて私の所属する蔵六会でお茶会を開催しました。

ようやくお茶会という形を実現することが出来ました。

当日は天候に恵まれて暑くもなく寒くもなくこの上ない日和となりました。

お庭も光が注ぎ葉っぱが輝き、より美しさをましておりました。

DSC_0049

普段は閉め切られ陰気なお茶室も釜がかかり、軸や花が飾られ本来の輝きを戻しています。

DSC_0053

DSC_0051

お客様は少なかったのですが、来てくださった方には素晴らしい時間を提供出来たように

思います。

DSC_0050

DSC_0055

今回のお茶会にあたりお庭のお手入れに参加くださった4名の皆さんに

感謝したいと思います。次の機会にはお茶会も共に来ていただけたら

嬉しいなと思います。

DSC_0056

透かし練習会@白雲荘

11月3日と4日の二日間吉野山白雲荘にて透かし練習会を行いました。

この会は吉野山にある別荘の白雲荘の維持をするために広く助っ人を

募ったものですが、ただボランティアするだけでなく何かしら日々の仕事に

活かせる場を作ることを目的としました。

秋の多忙の中4名の方が来てくれました。

初日3日は大阪よりはなぶさ庭縁松葉さん、恵水園ラムジこと藤村さん、風土木より丸山さん

が参加してくださいました。

門から玄関にかけての表庭の樹木のお手入れをしていただきました。

作業前

20131102121557-蜑ェ螳壼キ・莠・

 

 

DSC_000001

 

藤村さんがモチの剪定

DSC_0025

 

松葉さんもモチの剪定

DSC_0024

 

カシをし終わった丸山さん

皆さんガングロの庭師だったので作業はもちろんですが、合間の一服での

世間話が色々できておもしろかったし勉強になりました。

DSC_0027

 

お陰でとても美しくなりました。

次回は5月頃に開催を約束して門前で記念撮影

DSC_0029

 

2日目4日はお一人キャンセルとなり旅象の谷口くんが参戦。

朝から雨が降っていたので少し上がるのを待ってスタート。

彼は僕より少し年下なので、自分が透かしでアドバイスできることは

なるべくするようにしました。とても研究しててとても繊細な谷口くんでした。

DSC_0030

 

茶室まわりのカシを剪定している谷口くん

全然出来るじゃん!

DSC_0034綺麗に透かしてくれました。

他に松の木も1本さわってもらいました。

二人ということもあってホントいろんなことを語りました。

深く知っているわけではなかった谷口くんですが、普段からも真摯に取り組んでいるし、

現場のスキルも高いことがわかりました。

色々と教わる部分が多かったです。

DSC_0033

 

 

茶室入り口で記念撮影。

2日間でなんとか剪定を終えることが出来ました。もちろんまだまだする場所は

あるのですが、掃除をすればかなりスッキリすると思います。

参加してくださいった4人には本当に感謝しています。

そして次回開催には参戦してくれそうな人たちもいる感じですので、益々楽しい場に

なりそうな予感です。竹仕事や左官仕事なども今後盛り込めていけたら

面白いだろうな。実現出来るように頑張ろっと。

 

 

観光について

吉野というところはありがたいことにたくさんの地域資源があるおかげで、有数の

観光地となっています。そしてその経済効果で私もお仕事をさせて頂いているのです。

ありがたいことです。

最近思うこと。観光を活性化するために町役場の観光課、観光協会等々ありますが、

まずは、町役場から観光課をなくすことから始めたら良いのだろうか?(^^)

う~んなんと大胆な。なんとなくそんな気した。そしてそれはあながち間違ってないのかもです。