キンモクセイの花

wpid-IMG_20130926_083446.jpg

キンモクセイの花が咲いてます。
僕がキンモクセイの名前を知ったのは小学校の時に芳香剤でだったのかなぁ。とても良い匂いだなぁと思っててキンモクセイって何なんだろう?って木であることも知りませんでした。
それで初めて見たのが庭の仕事を始めてからというちょっと恥ずかしい話。こんな僕も今は大分多くの植物の名前を知ることが出来ました。まだまだ知らんものが多いですけど。勉強しやんとあきません。
そうそう、今日のお庭のキンモクセイの下にはネコのウンチがあるみたいです。トイレにキンモクセイの香り状態になってます(笑)

五葉松盆栽植え替え覚書き

 

今日は高取町の現場にて五葉松の盆栽の植え替えを行いましたので覚書きとして

残しておこうと思います。

盆栽の状態

石付きの五葉松で7,8年植え替えておらず。

使用した道具

  •  チェーンブロック
  •  スリング2本
  •  アルミ三脚(チェーンブロック用)
  •  練り舟(2こ)
  •  プラ樽
  •  柳刃コテ
  •  ドライバー
  •  通し

資材

  •  鉢底網
  •  赤玉土小粒
  •  桐生砂
  •  矢作砂3号
  •  腐葉土
  •  メネデール
  •  アルミ針金(10番)

 

作業

IMG_20130221_104631

 

作業前

IMG_20130221_111048

 

 

コケを取っておくIMG_20130221_111041

 

チェーンブロックで吊りながら鉢を取り外す

IMG_20130221_111711

 

ドライバーなどで土を落としておく

*なるべく根を痛めないように

IMG_20130221_113031

 

もともとの土が出てくるまで土を落とし、不要な根を切り詰めた。

*前回手繰りで残してあった長い根があったので、今回は残しておくことにしました。

IMG_20130221_121559

 

根を切った跡、メネデールに浸しておきました。(昼食)

 

途中写真を撮り忘れました。

鉢に鉢底網を針金で固定。

木を固定する針金をセット

ヒュウガ石を鉢底石としてセット

木を鉢に配置

針金で固定

配合土を詰める

IMG_20130221_143559

 

整地の後、コケを戻す。

IMG_20130221_154951

 

選定して終了。

あくまでも我流ですので、注意してください。

活着をねがふ

赤松植裁

今日は高取町光明寺様へ赤松の植裁を行いました。

かねてから赤松が欲しいとおっしゃっておられましたが、ようやく

いいのを見つけられ、裏庭へ植えることとなりました。

以前、割と大きいベニショウジョウモミジを入れましたので、今回くらいのは

お手の物でfございます。(^^)v

よく働く馬力車でえっこらえっこら。

通れぬところには橋をかけて

えっこらえっこら…

 

植裁場所に到着。

近くに来たらチェーンブロックの出番です。尻手があれば二股が一番!

手入れをしてスギゴケを張っおしまいです。

 

紅梅

梅の品種で私達が本紅梅と呼ぶ梅があります。

紅梅と言えば一般的には赤やピンクの花の梅を指すと思いますが、

本紅梅は花も材も赤いのです。

紫芋みたいな色です。もうすぐ咲きそうな感じですね。

春はもうすぐそこです。

 

カミキリムシの対処

最近当ブログでもカミキリムシ駆除の検索ワードに

引っかかってお越しくださる方が多いように思います。

皆さん困られているようです。私も困っています。

本やネットで調べてみると、いくらかの方法がのっていました。

まず穴を見つけた場合、

・針金などで突き刺して退治する

園芸用キンチョールE

テッポーダン(近所で製造してます)

・スミチオンを含ませた脱脂綿などで侵入口に蓋をする

などの方法があると思われます。

予防や確認していない場合はこんな薬があるようです。

バイオリサ(出光興産)

・ダイシストン粒剤やダイアジノン粒剤

・サッチューコートなど塗布

・6月から7月のスミチオンの噴霧も効果的とか

他にもいろんな方法があるのでしょうが、一番いいのは何なんでしょうね

知っていたら教えて下さいね。

 

枝垂れ桜大移動

昨日よりシダレザクラで有名になりつつある東吉野村・高見にある高見の郷から

日本三大文殊の一つ桜井市の安倍文殊院へ枝垂れ桜の移植をさせていただきました。

当初ご依頼を受けた時は、直径10cm程度の枝垂れ桜ということでしたので、

楽な気持ちで挑んでおりました。

が、当日現地で見た物は軽く倍はあるシロモノでした!!

高さ約7m。割と簡単におしゃるものです(^-^;

気合を入れなおして作業開始です。

幸運にもユンボが弱々しいながらもエンジン始動し、何とか11時ころに根巻き

する所まで出来ました。

有名な場所に嫁入りでsから、キレイにお化粧してあげないとね(^^♪

2t車いっぱいいっぱいです。

幅もトラックの三倍位あったものですから、道路を通れるように枝を絞るのに一時間以上

かかってしまいました(~_~;)

険しく狭い道をぎりぎりいっぱい下り、他の車に気をつけながら走ること1時間何とか

文殊さんに到着です。奇跡的に植える場所の真横に車をつける事でき、

順調に植えこむ事が出来ました。

昨日は植えこんで終わり。本日、枝透かしと支柱をたてて終了しました。

文殊さんの中でも1等地の場所への植え替えでしたので、風人園といたしましても

大変光栄に思います。職人冥利というものですV(^0^)

時を重ね、文殊さんの名木となることでしょう。

尚、今回安倍文殊院さんにしだれ桜をご寄付されました高見の郷の島崎様には

やり甲斐のある仕事をさせていただき感謝いたしております。

空き家のぶどう畑

普段誰も住んでいない空き家の庭木のお手入れに来ました。

そこにはたわわに実ったぶどうがたくさん!

やたらと房が長いではないか!!40cm位ありましたよ

お味はというと…

「やっぱりぶどう農園の人は上手だな!!」

みたいな(^^;

甘みはスゴイが酸味はなしです。でも見た目のインパクトは最高です。

どうですか?1本植えてみませんか?

こちらの現場の帰りに出会った素敵なワン公。なんといいものもってるんだ(笑)

ニャンダフルですな。

コメント待ってます。

クロマツのモミアゲ続き

前回の投稿のクロマツの手入れが終わりました.

新芽の淡い緑色が美しいです。

芽摘みされた枝の芽は夏を越えて一つの芽が3~5芽に分かれます。

それを1~2芽にしてしまいます。そうしないと来年の芽が成長しなくなります。

庭木は手をかけてやればやるほど美しく答えてくれますね。

キンモクセイの開花そしてハナミズキは早くも紅葉

キンモクセイの花が満開です。おトイレの芳香剤でお馴染みの

甘い香りが遠い所にまで、漂ってきます。暑い夏でしたから、たくさんの花をつけたようです。

キンモクセイは中国原産で雌雄異株の木です。日本には雄株しかないそうですよ。

雌株は実をつけるそうですよ。ギンモクセイの実は見たことありますがそれによく似ているのでしょうか?

花は今年伸びた新鞘につきますから新芽が芽吹く前でしたら、いつ刈り込んでも環境さえ合っていれば

花が付きます。風人園でもキンモクセイはほぼ刈り込みます。たまに透かす程度です。

キンモクセイの花は2度咲くと親方は言っておられました。そういえば、花が満開にもかかわらず

花殻が付いている事があったように思います。とういことでこれは2度目の開花なのでしょう。

車中から一枚。

ハナミズキが紅葉です。私的にこんな時期に紅葉したっけ?と

とても疑問なのですが、間違いなく紅葉しています。ここだけで無くあちらこちらで。

今年の暑さは以上でしたので、この紅葉も特別なのかぁ…なんて思ったり、

モミジなんかは近頃12月にならないと紅葉しませんからね。これも異常なのですが…

なんだか季節がわからなくなってきました(^^;)

ソテツの花

今日の現場でソテツの花を見ることが出来ました。

とはいえ、もう花ガラになっていますが。

でもソテツの花はなかなか珍しいですよ。写真は見ての通り雄花です(笑)

雌花はありませんでしたが、実がなっていましたよ。

これが、ソテツの実です。

ソテツはもともと暖地の植物ですから、九州や四国南部意外では冬越しがむずかしかった

ようですが、最近は普通に本州でも育っていますね。

ソテツの冬越しのワラポッチをしているのも最近みたことがありません。

吉野でも普通にそだっていますよ。やはり暖かくなったのかなぁ。

ただ、暖地から来たばかりのものは冬に葉っぱが枯れてしまう恐れがありますので

要注意です。徐々に慣らしていきましょう!